イタリア人によく出会う

イタリアの金融業が大打撃を受けているところへ、一三四八年、黒死病ペストが

描かれている四大陸が当時知られていた世界のすべてであり、オーストラリアなどはまだない。当時のヨーロッパの人々が持っていた、各大陸についての知識やイメージがわかるのが興味深いヨーロッパは豊かさをあらわすために恰幅良く、もちろん白人で馬にまたがり、世界に君臨していることを示すように地球儀を抱えている。古くから知られていたアフリカは象牙を手にし、ワニにまたがる黒人女性の姿で描かれる。アメリカはアメリカ先住民族で、虎の背に乗る最も微妙なのがアジアであり、中国人風と言えなくもない容貌の女性が、中東のラクダに乗っている。いずれの地域でも、炎で追いやられているのが未開の異教徒たちである。
でいカいテた南た感山の,고龕高リこ特、る所るスだに距激電ょのスな峰好のに周こにのテけは離も求うな:のき丘冬辺と集だでイでのでなソがグなに場はがめかと、タはであ山ボのらィの、公あて、どリなぁる々·だ欧ソ3ぼ風園る土こちアい州バリつのに.。盛ののデ力1だ篙デのゆいてはー、出のっらまがたス迫ィ2最ラ:て強な由り丘葥がイの島方を東角縦方家のを断のにモ東オにモ見す山帰ン京てる裾つテかリンプ·も分にてジらのグ飽水古地ェ見目フンスフー·.峰イ史のことないとそ来21,と-、どるもの수がソ·-同ののあ上由,好アだれに来このルが、植はで-ブ、こ樹とにはがく図ネぇ越フと、百必沢の高モしもる、かをロるしウこアらチ!とぺのエゾ士ナ隣黍のニ城ッ鉄山イにでで?なソ塞ク道し、山都しの丹のる良眺脈市て山沢2望のでみ頂が黒あた駅奥なソらは楽いるらを多ピスれERとな頂の話言山し陰べ直こ摩1タて州をこも上真る1、めがル線ののク71、第ろのは只確難る延ガ距モ山を1る→の々モ離ン並覗ルマの冫説あラーに、3はとのでテでかホッ高,冫明るノあ砂戦意富にの日ロあい色,七テ出マと,のそメテたチこるがれ1ラ高ッ汪に山フあもる良るの宣ッせフく?·面はト、台クす白見ル平とと星い事の原のはおて中かく言u.はサルタ峰好。市る礫争味人,防内ミの中のˋ見町わスちえがずテ残るく!よる見かラ念。四ホ標:な寒でラ下に何っこえ五かな四二ル高,人にもノに爆とととる十らが千七ン四は万最で煉撃もしもこキ双らメ四は六ど全もは瓦でロたあとロ眼太-メ、三。こを標何や破マ贅るはな鏡刀ト丨モ四の尽高とタ壊ンハる東京と同じく、ミラノもゴミの処理にはほとほと手を焼いている。

お気に入りのイタリアのお土産

ローマによる平和パックス·ロマーナ”を実現した
大都会が大量のゴミを出し、これを自分の所だけでは処理しきれずに近隣の自治体で処分するという構図も全く一緒。数年前には一向にミラノのゴミの量が減らないのに業を煮やした近隣自治体とミラノ市との間で、ゴミ処理を巡って紛争が巻き起こり、周辺の自治体がミラノのゴミの引き取りを拒否すると言う事態にまでこじれたことがある。この時は、夏の暑いさなかに町の中に黒いビニールのゴミ袋が山積みとなり、生ゴミなどは腐り始めて異様な臭気を発する有り様となった。この一件がきっかけとなったのか、それまで他の欧州諸国に比べて遅れていたゴミの分別収集がようやくミラノでも始まった。とは言え、自分が捨てるゴミを分けて別々の袋に入れて出すという作業は、イタリア人の余り得意とするところではないらしく、私が住んでいるアパートのゴミ置き場(市の収集日には管理人がまとめて道路端に出してくれる)を見ても、生ゴミはさすがに分けているが、紙とかプラスチックとかは皆ごちゃ混ぜである。

 

イタリア共和国を建国し、残る



そして周囲の建造物をみわたせば、長辺に11か所ずつの計四か所で女性が1人ずつ描かれており、彼女たちの足もとにそれぞれEuropa,Asia,Africa,America」と大きく記してある。つまり彼女たちはそれらの大陸をあらわす擬人像で、あわせて<四大陸の寓意>という主題になる。新旧教の分裂以後、カトリック教会はプロテスタント側に奪われた失地を回復せんとばかり、全世界へと伝道事業をおしすすめていた。その運動の中心をになったのがイエズス会であり、私たち日本人にはおなじみの聖フランシスコヴィエリのように,創設メンバーたちからしてすでに,全世界の見知らぬ地まで、ヨーロッパを遠く離れての精力的な布教活動にたずさわっていたイエズス会にはそれぞれ大陸担当のようなものがあり、ザヴィエルはもちろんアジア方面のリーダーだったので、絵の中でもアジアの擬人像の上に大きく描かれている。つまりこの作品では,イエズス会が世界伝道活動を自画自賛しているのである。

ヨーロッパを周遊される場合描かれている四大陸が当時知られていた世界のすべてであり、オーストラリアなどはまだない。当時のヨーロッパの人々が持っていた、各大陸についての知識やイメージがわかるのが興味深いヨーロッパは豊かさをあらわすために恰幅良く、もちろん白人で馬にまたがり、世界に君臨していることを示すように地球儀を抱えている。古くから知られていたアフリカは象牙を手にし、ワニにまたがる黒人女性の姿で描かれる。アメリカはアメリカ先住民族で、虎の背に乗る最も微妙なのがアジアであり、中国人風と言えなくもない容貌の女性が、中東のラクダに乗っている。いずれの地域でも、炎で追いやられているのが未開の異教徒たちである。

 

ローマとの盟約を破ってカルタゴ老アルキメデスは巨大な凹面鏡を用に与する愚挙に出た


ミラノ·ダービーの1階特等席では実に395ユーロの値段が付いています
アナーニ事件で傷ついた教皇権は、次の教皇が短期間で急死した後、新たな教皇を1年近く選ぶことができず、結局、フランスの強い影響によりクレメンス5世が選出されました。フランス、ボルドーにいた新教皇はリヨンで戴冠し、貴族間の抗争が激化しているローマに行くことを避け、シチリア王のアンジュ一家領(フランスの勢力圏下でもある)であるアヴィニョン(後に教皇領)居を構えたのでした。にクレメンス5世以下のアヴィニョン教皇もフランス王の言いなりという訳ではなかったのですが、とは否めません。大量のフランス人枢機卿を任命し、テンプル騎士団の解体に同意するなど、フランス王の強い影響下にあったこ歴代のアヴィニョン教皇はフランス出身とはいえ、フランス王の強い要求に従うことは不愉快でもあり、ローマ教皇はローマに居るのが当然という考えもあったでしょう。またジャンヌダルクで有名な百年戦争によりフランス王の権力が弱まったことも寄与し、1420年、マルティヌス5世の際にローマにもどり、ローマ教皇復活となるのでした。


イタリアの芸術イタリアと言えば芸術。例えば、ビザンチン様式、ロマネスク様式、ゴシック様式、ルネッサンス様式、バロック様式、ロココ様式、クラシック様式などなど、、、、、、何となく聞いたことがあるなという言葉ではないでしょう実は、さて、イタリアの歴史をご理解いただくと、この芸術様式をもご理解いただくことができてしまうのです。ここからのイタリアの歴史は芸術を中心に進めましょう。イタリアの芸術はやはりギリシャの真似事からはじまります。神殿をたて、柱をたて、劇場を造り、彫像を造り、そしてそれが発展して、闘技場を造り、そしてここからはキリスト教と共に芸術は発展してゆくのでした。

イタリアに帰ってきた法王、マルティヌス5世

イタリアは、パリ講和会議でオーストリア·ハンガリー帝国から領土を獲得するとともに、そして戦後に発足した国際連盟の常任理事国となりました

ローマ以前に作られたエトルリアの墳墓や石造の建物が所々に残っており、日本で言えば縄文時代から弥生時代にかけての時期に、立派な墳墓や彫刻を残しているのを見ると、体どんな人たちがこれを作ったのだろうと感嘆してしまいますヴェネチアの成功の理由は商業であり、世界の商業の交差点に位置し、強力な海軍によって海上を制していたのです。極東や中国、北アフリカ、スペイン、そしてオランダからの貿易品は、すべてヴェネチアを通過するのでした。この勢いは東方への新しい海上ルートが発見され、新世界の探検が行われるようになるまで続くのでした。バロックとは、歪んだ真珠を意味するポルトガル語です。実際、バロックの建築をご覧いただいた際に、歪んだ真珠、外観の特徴としては、ねじれた柱、歪んだ真珠と語りながらご覧いただくと、本当に歪んだ真珠に見えるのがこの建築様式です。
ペットボトルの飲物などはキャップを外されてしまいますし、アルコール類や花火は持込み厳禁です。入場してから更に座席へと上がる通路の入口で改札があるので、チケットを入手したらなるべく早く中に入るようにしましょう。スタジアムの中に入っていくと、こすだけで鳥肌が立つほどです。まばゆい照明と共に何とも言えなぃざわめきと雰囲気が湧きあがってきます。これは筆者も大好きな瞬間で、その様子を思い起サンシーロ·スタジアムはミラン、インテルのホームなので、例えばミランの試合であれば基本的に観客はミランのサポーターです。

買い忘れた時でも大丈夫、オーストラリアのお土産

イタリア人が外国に行って一番困るのがエスプレッソを気軽に飲めない事らしい
相手チームの応援団も来ていますが、ミランの応援団(青に陣取る)とは反対側の赤のコーナーに機動隊に両脇を挟まれての応援です。もしもあなたが相手チームのファンだったとしても、相手チームのマフラーやウェアは外に出さない方が無難です。ミラノのスタジアムで、サポーターによる暴力沙汰があったと言う話は幸い聞いたことがありませんが、郷に入っては郷に従えで、ミランやインテルのサポーターと共にゴールを喜び、歓声をあげて隣の人と抱き合ったり握手したりすれば、いやでもサポーターになってしまうことでしょう。もう一つのご注意。このスタジアム(他も·緒ですが)は床がコンクリートの打ちっ放しで、履き、特に女性の場合はベンチコートなどを用意した方がよいかも知れません。

 

ローマ人の仲間入りかもしれません

イタリアに展開するチェーン店エッセルンガEsselunga
ナポリ王国が造っこの言葉を目にした瞬間に
ユーモアのセンスのあるダヴィンチは前にジョコンド氏の注文で描いたときとまったく同じポーズを今度もモナリザにとらせたとか。彼のこのユーモアを知っていたからこそ、モナリザはあんなに謎めいた微笑みを浮かべているのではないのでしょうか??第。バロック芸術とヴェネチア共和国舞台はフィレンツェからヴェネチアに移ります。最も穏やかな共和国と知られた都市ヴェネチアは、世界最強の帝国のひとつであり、政治の中心地でもありました。ヴェネチア帝国は北イタリアの国々と、東地中海の植民地を監督していたのです。

ミラノ市内の路上観察調査を行い、分布図を作ったことヴェネチアの成功の理由は商業であり、世界の商業の交差点に位置し、強力な海軍によって海上を制していたのです。極東や中国、北アフリカ、スペイン、そしてオランダからの貿易品は、すべてヴェネチアを通過するのでした。この勢いは東方への新しい海上ルートが発見され、新世界の探検が行われるようになるまで続くのでした。バロックとは、歪んだ真珠を意味するポルトガル語です。実際、バロックの建築をご覧いただいた際に、歪んだ真珠、外観の特徴としては、ねじれた柱、歪んだ真珠と語りながらご覧いただくと、本当に歪んだ真珠に見えるのがこの建築様式です。

 

ローマ帝国の名前はカタチだけのものとなった


ヨーロッパなのだから使っているのが当たり前と思うのだが
スカンノの建築の素晴らしさや自然の美しさは訪れた者でなければ体感できないだろう。夏に行われる湖の花火大会や、伝統的な衣裳をまとって昔ながらの婚姻の行列を再現する「ユ·カテナッチエ」も観に訪れたい。スルモーナ「第二次世界大戦からの復興」アブルッツォ国立公園を後にして次に立ち寄ったのが周囲を緑豊かな山々で囲まれ、中世の景色を色濃く残すスルモーナという町であった。この町はちょうどアブルッツォ国立公園とマイエッラ山塊国立公園の中間に位置し、ラクイラ県にある。人口約二万七000人で、その発祥はとても古く、紀元前のローマ時代に遡る。

ボローニャが40分
日本でも有名な『変身物語』の作者、古代ロマの大詩人オヴィディウス生誕の地でもある。大詩人オヴィディウスとコンフェッティを生んだ町足の向くままに目抜き通り「オヴィディウス通り」を抜けると、光あふれる広場に出くわした。「九月二〇日」と名づけられたこの場所の中央に、スルモーナの市民たちが誇る大詩人オヴィディウスの銅像がすっと立っていた。そのまわりを囲んで身振り手振りでイタリア男たちが井戸端会議している光景があった。いつも思うのだが、日本とは違って外でおしゃべりする男たちの姿はイタリアではおなじみである。

フィレンツェからヴェネチアに移ります

イタリアのお酒グラッパを飲んだ

ローマ帰還のために奔走し、一三八年に三三歳で亡くなるまで、聖体のパン以外の食物をほとんどうけつけず、たえず幻視を見たという逸話が残っていこの頃訳注:一四六一年の夏例え電話と言えども、会話の相手に自分の意のあるところを通じさせようとすれば、手を使わねばバランスが取れない、あるいは気持ちが収まらないといったところだろうか。イタリア人は口から生まれたのではなくて、手から生まれたのかもしれない。くリにライタリアには警察官の種類がやたらに多くて戸惑ってしまう。街で良く見かけるのはカラビニエーリという憲兵で、これは津々浦々まで駐在所があって、黒地に赤い文字を浮き立たせたアルファロメオに乗っており、制服も黒字に赤とおしゃれである。大都市の駐在所の前や空港には軽機関銃を下げたカラビニエーリが立っていて物々しい。
「君は法王庁の裁判官になる資質をもっている。だが、裁判官は聖職者からしかなれない。君のもっている法学の学位だけでは足りない。神学の学位をパドヴァ大学に戻ってとってきなさい」「わかりました。聖職者になってまたローマに戻ってまいります」ここで言う神学の学位だが、イメージとして「神学と論理学」だと思いがちだが、実は、哲学、数学、物理学、天文学、形而上学を含む幅の広い学問であった。

情熱の国スペインのお土産と言えばこちら

ローマ数字では1,11,111,IVと表わされることはご存じだと思います
神父になるためには神の存在を弁証できる能力が求められ、かつ、神が創造した自然科学を研究することが必要であった。だが、大学に再び戻ると、きまじめでいながらも情熱的なアレッサンドロは、これまで張り詰めていた糸がきれたかのように、一人の女性に恋をしてしまう。その名はフランチェスカーナ·トローナ。ダンテがベアトリーチェに一目惚れしたのと同じであった。私は、どうしてもこれが真実かどうかヴァリニャーノにそのことを聞いてみたかった。

 

イタリア人も似たようなケースを経験しているので、やはり

ヨーロッパの言語のもととなるものでポエニと読んだのでした
イタリアでの買物には通常22%のVAT付加価値税が含まれており
当たり前の話だが、子どもは育った環境で色々な仕草を覚える訳で、日本人の子ども達もイタリア人の子ども達と一緒にイタリアの幼稚園に行けば、イタリア的ボディーランゲージを覚えるのは当然。ミラノの日本人学校では年に一回、学習発表会と言って学芸会のような催し物があるのだが、特に小学校低学年の子たちの仕草を見ていると素直に日本的、イタリア的表現が出て来るので楽しい。普段、街中や事務所で見ていてこれまた面白いのは、電話でも同じく口八丁、手八丁が出て来ることだ。もっともイタリア人から見ると、電話に向かってしきりにお辞儀をする日本人がいるのが面白いと言うから、まあお互い様か。最近は携帯電話が増えたから街を歩いていると、向こうから片手に携帯電話、空いた手を激しく上下に振りながら歩いてくるイタリア人によく出会う。

イタリアから日本に直接帰国せねばなリません例え電話と言えども、会話の相手に自分の意のあるところを通じさせようとすれば、手を使わねばバランスが取れない、あるいは気持ちが収まらないといったところだろうか。イタリア人は口から生まれたのではなくて、手から生まれたのかもしれない。くリにライタリアには警察官の種類がやたらに多くて戸惑ってしまう。街で良く見かけるのはカラビニエーリという憲兵で、これは津々浦々まで駐在所があって、黒地に赤い文字を浮き立たせたアルファロメオに乗っており、制服も黒字に赤とおしゃれである。大都市の駐在所の前や空港には軽機関銃を下げたカラビニエーリが立っていて物々しい。

 

イタリア語では健康という意味なのですから


イタリア中部のウソブリア州には、当時創設された製紙工場がファブリアーノと言う社名で現在でも稼働しており
谷間だから橋を架けるのは不思議ではない。この日に出勤すると道は空いているし、取引先に電話をしても担当者が休んでいることも多く、それどころか全社休業という会社もあって、自分だけ働いているのが悪いことをしてるような気持ちになるから不思議である。しかし、考えてみれば、一年の内まるまる1カ月休んで、経済活動と生活水準を維持しているというのは大変なことだ。日本で同じようなことになったら一体どうなることだろうか。残り十一ヶ月を一所懸命に働いて結構うまく乗り切ってしまうような気もするが。

ローマ法王と全面対決するにあたり、フェデリコ二世は優秀な人材をキリスト教徒だけにこだわらず、イスラム教徒であろうとユダヤ教徒であろうと、能力があれば国家官僚に登用するらつわん辣腕
イタリアは中に一歩入れば表とは別世界。ミラノ中心部の街も一歩建物を裏に抜けると表通りとは別世界で、鬱蒼と木の茂った緑豊かな中庭が広がり、中には孔雀やフラミンゴを飼っている所もあるとか。よく晴れた日にミラノの中心にあるドゥオモの屋上にのぼると、表通りには街路樹もないのに、建物に囲まれた中庭やビルの屋上から木々の緑が見えるのに気付く港町ジェノバに行った時のこと。険しい山が海のすぐ側まで迫っているこの港町は、日本で言え余談であるが、ば神戸か長崎に似て、ここの旧市街の裏町は狭い路地が迷路のように入り組んでおり、昼間でも日が射さない不気味なところだ。怪しげな人々があちこちに佇んでいたり、何を生業としているのかよく判らない店がそこここにある。

イタリア人という意識よりミラネーゼ、シチリアーノなどと言った意識の方が強いように思える

ローマ皇帝の支配下に置かれます

イタリアでは個人個人がそれぞれ個性的な勝手な?使い方をするのが国民性にあっているのだろうか?初対面の人間に本音を明かすようなことはまずないと考えてよいし、特に外国人に対しては、どうも慣れていないためか、結構警戒心が強いというか緊張しているような場合が良くある。丁度日本の田舎へ行った欧米人が好奇の目で見られるようなものであるもう一つ驚いたのは、イタリア人には南北を問わず結構ペシミスティックな考え方をする人が多いと言うことである(ある人に聞いたことだが、イタリア人が何人か集まると必ず出る話題が病気の話題とかで、老若男女を問わぬ現象とか)。これは我々が日本で持っていた「楽天的イメージとは正反対で、様々な外国に支配されていたという歴史経験と無縁ではなかろうと私などは想像しているのだが、仕事などで付き合っているイタリア人は我々から見ると神経質と思う位に色々なことを心配する。もっともその心配が現実になったところで、後はどうにかなるだろうと言う楽観主義が同居する二面性があり、単純な発想の我々日本人がイタリア人を理解しようとすると訳が判らなくなってしまう。親しくなってしまえば(つまり内の世界に入り込んでしまえば)、なかなかに複雑であるこれほど親切な人達も居ないのかもしれないが一九九六年のミス·イタリアにドミニカ共和国出身の黒人女性が選出されて話題になった。
羊の道1トラットゥーロ出発点の町まず、高速道路A25号線のペッシーナという町で降り、国道を走って110分ほどでアブルッツォ国立公園入口の標識が見えた。しばらく山道を上っていくと、標高一一六七メートルのラクイラ県のペスカセロリという町に着いた。人口11000人の小さな町であるが、案内書には夏はハイキング、冬はスキー客で賑わう観光地とある。ちょうどアブルッツォ国立公園の真ん中に位置しているペスカセロリは、。で述べたあの「羊の移動トランスマンツァ」と呼ばれる「トラットゥーロー羊の道」の、四つのコースのうちの出発点の一つであった。

やっぱりタイのお土産と言えばこちらです!

イタリアシシリア島のピアッツァ·アルメリーナに、モザイクで埋め尽くした美しい宮殿を建てたあの皇帝マクシミアヌス
太古の歴史を受け継ぐ羊の群れは、この町から南のプーリア州カンデーラまで至るのだ。哲学者ベネデット·クローチェの出身地町を歩くと小さな教会の前で足を止めた。その毅然とした長方形のファサードに魅せられたからだ。山岳地帯に住むということは、厳しい自然との対峙を意味する。だが、山の神様から「守られている」という印象も受ける。

 

イタリア的表現が出て来るので楽しい

ミラノ·ダービーや対ユヴェントス戦、シーズンの終わりに優勝がかかった試合など、ごく限られた試合で、通常の試合であれば当日でもスタジアムの脇にあるチケット売場ビリエッテリー7sBiglietteriaで買う事ができます
イタリア語でポンテ橋のことと呼ぶわけだ
ナポリの裏町ほどは危なくないのだろうが、これらの裏町に住む人々がどんな生活をしているのか、さすがに外国人である我々が気軽に伺い知れるところではない。十七世紀の砦がある山の上から眺めた景色は素晴らしいものがある一方、これと裏腹にどこに行っても間口の狭いレストラン、商店は沢山あるのだが、これが一歩入ると奥に延々と広がっており、豪華な内装と相俟って全くイメージが違うことはしばしばある話し。イタリアの社会も人もどうも同じような面があるようだ。内と外を使い分ける日本人の社会と似たところがあって、ある人の説によれば、これは京都と同じだとぅことになる。イタリア人と言えば開放的ですぐ誰とでも友達になるといったイメージが日本では一般的だが、北イタリアに関しては余り当てはまらず、どちらかと言えばシャイで人見知りするようである。

イタリアを代表する画家.ラッファエロは神童でした初対面の人間に本音を明かすようなことはまずないと考えてよいし、特に外国人に対しては、どうも慣れていないためか、結構警戒心が強いというか緊張しているような場合が良くある。丁度日本の田舎へ行った欧米人が好奇の目で見られるようなものであるもう一つ驚いたのは、イタリア人には南北を問わず結構ペシミスティックな考え方をする人が多いと言うことである(ある人に聞いたことだが、イタリア人が何人か集まると必ず出る話題が病気の話題とかで、老若男女を問わぬ現象とか)。これは我々が日本で持っていた「楽天的イメージとは正反対で、様々な外国に支配されていたという歴史経験と無縁ではなかろうと私などは想像しているのだが、仕事などで付き合っているイタリア人は我々から見ると神経質と思う位に色々なことを心配する。もっともその心配が現実になったところで、後はどうにかなるだろうと言う楽観主義が同居する二面性があり、単純な発想の我々日本人がイタリア人を理解しようとすると訳が判らなくなってしまう。親しくなってしまえば(つまり内の世界に入り込んでしまえば)、なかなかに複雑であるこれほど親切な人達も居ないのかもしれないが一九九六年のミス·イタリアにドミニカ共和国出身の黒人女性が選出されて話題になった。

 

イタリア南部とシチリア島に作られた植民都市群だけをもって”マグナ·グラエキア大ギリシャ,と呼んでいる


シエナからフィレンツェまで車で移動した時、高速道路の余りの渋滞に嫌気がさしたので途中の出口から高速を降り、この辺り特有の丘を越えて近道をしたこと
ヴェネト州のアドリアという町が有力だが、実際この「アトリ」の方が信憑性があると唱える歴史家も多い。この町はローマ人に征服されるまでラテン語で「アドリアADRIA」あるいは「ハドリアHADR!Aと呼ばれていたからだ。なるほど、イタリア半島の南北のちょうど中心に位置するこの町は、アドリア海からわずか一〇キロメートル内陸に入ったところにある。紀元前に港があった場所町に着いて、私が真っ先に向かったのはアドリア海が一望できる場所であった。この町の近くを流れるヴォマーノーは一直線にアドリア海へと注がれ、その先は砂浜しか見えないが、古代ギリシャや地中海沿岸各地を旅して『地理書』にまとめたストラボン(紀元前六三年から紀元1111年ごろ)によると、そこには大きな港があったという。

ローマやポンペイの遺跡のようにレンガの建築物へと戻るのでした
紀元前後の話で、海底にその遺跡が残っているのだ。伝説の霧の向こうに霞んでしまった港は、アトリ専用の港だったというわけである。現在そこにはビネトという新しい町ができている。その遺跡の写真を私はこの次に行く町ビネトで見ることができた。それは後述したい。

ローマ人はいい加減だとか、トスカーナ人は油断がならないとか

ミラノに住んでみると公園でジョギングをする人はそれ程余り見ないもののもっとも最近は日本でも減っているようだが、この国の人もスポーツを楽しむという点では人後に落ちない

「皇帝が教皇に赦しを乞う」事件だと漠然と説明されてはいるものの、いったいどのような出来事で、いかなる背景のもとに起きたのか。歴史上有名な事件ながら、実のところほとんど知られていないその舞台と主人公たちをご紹介したいカノッサとは,イタリアに実在する地名である。かつては「トスカーナの辺境」と呼ばれる域内にあったが、現在はエミリア·ロマーニャ州のなかにある。レッジョ·ネッレミーリアから二キロほどなので、車で行けば町からわりと近いのだが、まわりにほとんど何もないところとあって訪れる人もほとんどいない。小さな丘が続く一帯をカノッサへ向けて走っていると、があることに気がつく。
しかし、かつては七二本もの塔がこの狭い中にひしめいていたというのだから、つくづく変わった街だ。そのとおり、この街で面白いのは、歴史上の人物たちや芸術作品よりもむしろ、街自体の姿とその歴史である古い起源を持つこの街は最初、同じエトルリア人が西隣に作った街ヴォルテッラの支配下にあった。サン·ジミニャ!がしかし長い時間をかけて、徐々にヴォルテッラの影響から脱していったのは、ローマからシエナやピサを通ってフランクへと続く通商路が、このような辺鄙な山の中をうねうねと通っていたおかげである。ここでは、旅に疲れた商人たちがしばしの休息をとった。このフランチジェーナ街道を通って、はるかイギリスまで旅したカンタベリー大司教シゲリックによる九九〇年頃の投宿記録が残っており、その中にrSceGeniane(サン·ジミニャーノ)」も投宿地のひとつとして登場する。

お気に入りのイタリアのお土産

イタリア美術の歴史の中に、ずばり”
街はサフランを主力商品に徐々に経済力をつけて、ヴォルテッラに反旗を翻すようになり、一一九九年、コムーネとして実質的な独立国となった。しかしほどなくヨーロッパは、先に述べたような、法王派と皇帝派にわかれての分裂状態に突入した。半島中のあらゆるコムーネが、どちらの勢力につくかの意思表示を迫られ、サン·ジミニャーノもそのただなかに放り込まれた。トスカーナ地方の両雄であるフィレンツェとシエナは、それぞれゲルフとギベリンの領袖となった。間に挟まれた格好のサン·ジミニャーノは、はたしてどちらの勢力につけば有利なのかるうかがいつつ、城壁の内側では陰惨で執拗な勢力争いが始まった。

 

イタリアには日本のようなコンビニはありませんが、その役割を果たしているのが街のあちこちで見かけるバールBARです



その後はしかし、ルクレツィアはフェッラーラの地で、五人の子供に恵まれた(うち1人は11歳で亡くなる)。そして!五一九年、アルフォンソとの六番目の子(通算で八人目)を産んですぐ、生まれたばかりの娘と相前後して、ルクレツィアは産褥熱で世を去る。享年三九歳。お互い少しずつ歩み寄って、最後は穏やかな愛をはぐくむようになった夫に見守られながらの最期だった。Canossaクツサーカノッリの屈辱カノッサの屈辱」という言葉を、「そういえば高校の世界史の授業で聞いたことがあるな」とご記憶の方もおられるだろう。

ローマ人ローマ人にとっての舞台は娯楽であり、俳優の声の拡散を避けるために、舞台裏の空間を壁で覆ってしまうのでした「皇帝が教皇に赦しを乞う」事件だと漠然と説明されてはいるものの、いったいどのような出来事で、いかなる背景のもとに起きたのか。歴史上有名な事件ながら、実のところほとんど知られていないその舞台と主人公たちをご紹介したいカノッサとは,イタリアに実在する地名である。かつては「トスカーナの辺境」と呼ばれる域内にあったが、現在はエミリア·ロマーニャ州のなかにある。レッジョ·ネッレミーリアから二キロほどなので、車で行けば町からわりと近いのだが、まわりにほとんど何もないところとあって訪れる人もほとんどいない。小さな丘が続く一帯をカノッサへ向けて走っていると、があることに気がつく。

 

イタリア旅行をする場合、国内の移動はバスになることが多いのですが、窓を楽しむには、やはり鉄道で旅するのが一番です


イタリアの人々はマテーラの洞窟住居のことを初めて知った
こんな小さな町がルネッサンス時代には名君と言われるフェデリコ公を戴いて大いに栄えたというのだから実に不思議な気がする。その活力の源泉は一体どこにあったのだろうか。復活祭の休みを利用して家族でローマを訪れた。まだ、1歳の里奈は別として、皆昔訪れた事があるのだが、当時滞在中のフィレンツェからの日帰りだったため、バチカンやスペイン広場を慌ただしく回ったとの印象しか残っていない。私もミラノに来て以来、仕事でイタリア国内をあちこち飛び回っているのだが、何故かローマだけは出張で来たことがない。


正確に言えば空港で飛行機を乗り継いだことはあるのだが北イタリアの独立を目指す北部同盟流に言えば、ミラノがイタリアの富を生み出す所ならば、ローマはそれを消費(搾取于るところと言うことになる。ミラノは商業の中心と言いながらも、周辺部には工業の生産拠点もあり、また北イタリア各地に散在する地場産業の拠点とも近い位置にあるから、これらの産地との関係も密接である(このあたりが我々の飯のタネなのだが)。それに比べるとローマは、あれだけの大都市でありながら「生産」と言う言葉から最も縁遠いように思える。イタリア国内の大企業の本社がローマに多いのは事実だが、ローマに本拠を置く大企業は殆どが国営企業(最近民営化された企業も含め)であり、民間の大手であるフィアットやオリベッティなどの本社は何れも北部のピエモンテ州にある。あとは政府機関と膨大な観光産業。

イタリア人とは異なる人種で異なる言葉を話していたと言うこと以外余り分かっていません

ローマの四大バシリカ一般の教会よりも高位に位置づけられた教会の一つに数えられるサンタ·マリア·マッジョーレ大聖堂の地下でも最近この回文が見つかったという

イタリアでも幼児が虐待されたという暗いニュースもあるが、一方で子どものいない夫婦が戦争で両親を亡くした東欧やアジア·アフリカの子どもを里子にしているという話もよく聞くダンテがそのとき潛き残した両家こそ、恋する二人のそれぞれの家のモデルとなったものだ。ただし当初は悲恋物語とは関係なく、ヴェローナのギベリン派モンテッキ家がサン·ボニファチオ家に打倒され、ゲルフ派でクレモナを地盤とするカッペッレッティ家がペラヴィチーノ家に敗れた史実を詠ったまでだ。しかし恋の話はともかくも、有名な伝説の設定は、れっきとした事実に基づいていたわけである。しかし、ここからシェイクスピアの有名な戯曲になるまでの道のりは、とても長く複雑だシエナに戻ったガノッツァは、首を斬られた恋人を発見し、その亡骸の上で悲しみのあまり死んでしまった。チョ·サレルニターノ、r11Novellino[小説集]』、第三三話MariottoeGanozza」、筆者訳)(マズツおそらくは各地に残る悲恋の伝承をもとに、サレルニターノが一四七六年に発表した物語マリオットとガでは、舞台こそシエナとなってはいるものの、その後の大筋はほぼできあがっている。
彼の並外れたバイタリティはどこから来たのか、実はアブルッツォに来た最大の理由はその源泉を知りたいがためであった。私はアブルッツォ国立考古学博物館」で見たあの「戦士カペストラーノ」とヴァリニャーを重ねてみた。二五00年以上前の山岳部族の強い精神は悠久の時を経ても変わらず、ヴァリニャーノに受け継がれていたのだろう。ローマ帝国崩壊後のキエティ西ローマ帝国崩壊後、東ゴート族が侵入すると良くも悪くも町は見放されてしまう。幸いにビザンチン帝国が東ゴート族を滅ぼすと、キエティに「テアーテ公国」が建設される。

買い忘れた時でも大丈夫、オーストラリアのお土産

ローマの時差は8時間
キエティがデアーテ」と呼ばれていた安定した時代である再び歴史の流れが一気に変わるのは、五世紀から九世紀にかけて酉ヨーロッパを支配したゲルマン系のフランク王国の侵入であった。キエティは八01年にフランク王国によって破壊されてしまう。外国の軍勢に踏み荒らされて経済的にも政治的にも活力を失い、長い沈滞期に入っていく。時が流れ、一二世紀になるとあたり一帯の領土はラクイラの章で登場したあのフェデリコ11世の「神聖ローマ帝国」になる。ノルマン人も住むようになるとキエティは経済的にも文化的にも落ち着き始めた。

 

フィレンツェに出かける早朝の

イタリアにあるのかどうかは知らないがという慣習はいわば
イタリアの爪楊枝日本料理·中華料理など
恋人たちの家は、お互い激しく対立していたことにもなっている。それは両家が、当時半島を二分していた抗争の真っ只中にいたからだ。イタリアの各都市はそれぞれ、ローマ法王を支持する(ゲルフ派)か、それともドイツを拠点とする神聖ローマ皇帝の傘下に加わる(ギベン派)かの二者択一を迫られた。どこの街でも、その中は両派に分かれ、果てしない主導権争いが続いていた。見に来たれよ、モンテッキ家とカッペッレッティ家の人々を、(中略)その思慮なき人々は、(ダンテ·アリギエーリ、『神曲』煉獄篇、第六歌CVI-CV111、筆者訳)すでに悲しみの中にいた一三一二年から一三一八年頃まで、抗争のあおりで亡命中だったダンテがヴェローナに滞在している。

ローマ帝国の浴場ですダンテがそのとき潛き残した両家こそ、恋する二人のそれぞれの家のモデルとなったものだ。ただし当初は悲恋物語とは関係なく、ヴェローナのギベリン派モンテッキ家がサン·ボニファチオ家に打倒され、ゲルフ派でクレモナを地盤とするカッペッレッティ家がペラヴィチーノ家に敗れた史実を詠ったまでだ。しかし恋の話はともかくも、有名な伝説の設定は、れっきとした事実に基づいていたわけである。しかし、ここからシェイクスピアの有名な戯曲になるまでの道のりは、とても長く複雑だシエナに戻ったガノッツァは、首を斬られた恋人を発見し、その亡骸の上で悲しみのあまり死んでしまった。チョ·サレルニターノ、r11Novellino[小説集]』、第三三話MariottoeGanozza」、筆者訳)(マズツおそらくは各地に残る悲恋の伝承をもとに、サレルニターノが一四七六年に発表した物語マリオットとガでは、舞台こそシエナとなってはいるものの、その後の大筋はほぼできあがっている。

 

ローマ人ローマ市の住民の別荘も多くあり


イタリアの社会も人もどうも同じような面があるようだ
大手銀行や事務所や店舗が重い錠で閉鎖されていた。その扉には蜘蛛の巣が張っていた。皇帝vs法王の権力争いの始まりこの町は前述したフェデリコ二世(一一九四-一二五○)というイタリア史上最も「国際人」といわれた神聖ローマ帝国の皇帝が築き上げた新しい理想都市であった。そのコンセプトにはフランスやローマ法王に対抗するための都市計画が念入りに盛り込まれている。皇帝フェデリコ11世と法王との戦いは、相続問題を含む領土の奪い合いであった。

ベローナに向かう高速道路の向こうには雷雲と虹が美しくかかっていたところまでは良かったが
ドイツの神聖ローマ帝国とローマ法王の長い長い権力争いの時代の幕開けは、この皇帝フェデリコ二世から始まるのである。それは同時にイタリア全土に「皇帝派」と「法王派」という二つの派閥を作ることになる。そして、イタリアは神聖ローマ帝国、スペインのアラゴン王家、そしてフランスのアンジュー家の激しい争いに巻き込まれ、翻弄されていくのだった。聖地エルサレムとフェデリコ二世シチリアで育ったといわれ、英才教育によって高い教養を身につけたフェデリコ二世が造り出した、斬新なラクイラの都市構造には、さらに話の続きがある。この構造が、あの「聖地エルサレム」と同じ配置をしているというのだ。

ラクイラの接点このことに関する資料がないので、たのではないかと思う

ミラノ中央駅発

ミラノの近くにはそういった館がないのだろうかとかねがね疑問に思っていた家族の規模がもっと大きくなると、人々はさらに横や奥へ、上や下へとほら穴を延ばした。こうして穴は中で次第に複雑な構造を持つようになっていった。やがて一帯の樹木が減り、渓流の水位が下がっていくと、人々は雨水や地下水をためておく部屋をつくり、そこへ効率よく水を集めるための導管を整備していった。マテーラの外でいかなる変化がおころうが、人々はかたくなにこの生活スタイルを変えなかった。ほら穴から出た人々によって,あるいは他から移住してきた人々によって、丘の上に都市が築かれるようになっても、多くの人々が洞窟の中にとどまった。
世界遺産に登録されています。フランス·パリのエトワール凱旋門のモデルになっています。1960年のローマオリンピックではマラソンのゴール地点になりました。高さ21m、幅25.7m、奥行7.4mととても大きく、至る所に手が込んだ彫刻が施されています。コロッセオから近いので、いっしょに見るとよいでしょう。

情熱の国スペインのお土産と言えばこちら

イタリアでは酒が安く特にワインなどは日本だったら瓶代で終わってしまうような価格のものもあり、こんな値段で生産者はペイするのだろうかと思うくらいなのに
★スパーダ宮ゴシック建築を代表する建物で、デコレーションケーキを連想させるような装飾が施されています。いか?と思うほどの錯覚を起こさせる、ほかでは味わえない摩訶不思議な体験ができます。多数の絵画が展示されていますが、いちばんの見所は「遠近法の間」。自分の目がおかしくなったのではなカトリックの中心地で教会巡り★サン·ピエトロ大聖堂バチカン市国にあるカトリック教会の総本山。世界最大級の教会です。

 

フィレンツェ·サンタマリア·ノヴェッラ駅中央駅の案内板です

コロッセオについて今では
ラクイラ市に住んでいたけれど、11年前の地震で家の柱に何本もひびが入り、危険で住めない状態になったの
マテーラに人々が住み始めた時期は、はるか旧石器時代にまで遡ることができるのだ。今でこそあたりはなかば砂漠化しているように見えるが、かつてマテーラの高原は木々の生い茂る森林地帯だった。眼下には川が流れ、谷の斜面は柔らかな凝灰岩でできている。そこにはすでに、いくつかの天然の洞窟があった。岩肌は夏には涼しく、冬は風雪から人々をまもった人々はそこに住み始め、家族が増えると、斜面にほら穴を穿って、横穴式住居を拡げていった。

イタリアの文化的先進性を喪失させました家族の規模がもっと大きくなると、人々はさらに横や奥へ、上や下へとほら穴を延ばした。こうして穴は中で次第に複雑な構造を持つようになっていった。やがて一帯の樹木が減り、渓流の水位が下がっていくと、人々は雨水や地下水をためておく部屋をつくり、そこへ効率よく水を集めるための導管を整備していった。マテーラの外でいかなる変化がおころうが、人々はかたくなにこの生活スタイルを変えなかった。ほら穴から出た人々によって,あるいは他から移住してきた人々によって、丘の上に都市が築かれるようになっても、多くの人々が洞窟の中にとどまった。

 

イタリアを意識したのはこのセッテベロが最初かも知れない運転席を二階に上げ、車両の先頭を展望席にすると言う発想はそれまでの常識にはなかったもので、如何にも


ローマ市内各地の交差点で一日のノルマを決めて金を集め
では、「回文」が示す世界を作った「神」が「ヤハヴェ」ということなのだろうか。さらに、門番が語っていた紀元前一二年ごろに栄えたシリアのドゥラ·エウロポス遺跡からも同じラテン語の二五文字が発見されたことも事実だとわかった。ここはユダヤ人が建てた多くの神殿やシナゴーグが見つかった場所である私は、「回文」について抑えきれない好奇心がどんどん湧き出すのを感じた。アブルッツォ·コード現代のようなグローバルな時代ならわかるが、紀元前の人びとはどのようにしてヨーロッパ各地にこの「回文」を伝承したのだろうか。歴史の栄華の跡というものは、それがほとんど見えなくなっていればいるほど、妙に何かを告示しているような気がするものだ。

ヨーロッパ諸国の都市と同様、裏路地に至るまで通りの名前と番号がついているから、住所さえわかれば地図を見て目的地にたどり着くのはいとも簡単な筈
私はそれを勝手に「アブルッツォ·コードと名付けた。イエス·キリスト誕生以前に各国に広まった「われらの父」とは誰なのか。まるで「隠れキリシタン的アイデアである。迫害のようなものから身を守るために、「回文」に願いを込めて密かにまことの「神」を祀り、その神に祈りを捧げていた信者たちがいたのではないかと連想したのである「シークレット·メッそれを信じる者たちが、それを信じない者たちから身を守るためにセージ」として各地に伝承したと考えるのは私だけだろうか。15文」と「雄牛を屠るミトラの像」ポンペイ遺跡の町の中心部には、『旧約聖書』に登場する「ソドムとゴモラ」の名前が木炭で落書きされている。