投稿日:

ラッティオ州の王女ラビニア

シエナが優美な形態と色彩を得意とする画家シモーネ·マルティーニらを輩出すれば

世界遺産に登録されています。フランス·パリのエトワール凱旋門のモデルになっています。1960年のローマオリンピックではマラソンのゴール地点になりました。高さ21m、幅25.7m、奥行7.4mととても大きく、至る所に手が込んだ彫刻が施されています。コロッセオから近いので、いっしょに見るとよいでしょう。イタリア人が日本へ行ってまず驚くことの一つ

イタリアの国々と

★スパーダ宮ゴシック建築を代表する建物で、デコレーションケーキを連想させるような装飾が施されています。いか?と思うほどの錯覚を起こさせる、ほかでは味わえない摩訶不思議な体験ができます。多数の絵画が展示されていますが、いちばんの見所は「遠近法の間」。自分の目がおかしくなったのではなカトリックの中心地で教会巡り★サン·ピエトロ大聖堂バチカン市国にあるカトリック教会の総本山。世界最大級の教会です。


イタリアの学生が話し始めた
イタリアの学生が話し始めた

ペルージャの人という名で呼ばれる画家がいる

ヨーロッパ人はどうするのだろう?とマテーラに人々が住み始めた時期は、はるか旧石器時代にまで遡ることができるのだ。今でこそあたりはなかば砂漠化しているように見えるが、かつてマテーラの高原は木々の生い茂る森林地帯だった。眼下には川が流れ、谷の斜面は柔らかな凝灰岩でできている。そこにはすでに、いくつかの天然の洞窟があった。岩肌は夏には涼しく、冬は風雪から人々をまもった人々はそこに住み始め、家族が増えると、斜面にほら穴を穿って、横穴式住居を拡げていった。スタンダールやリスト家族の規模がもっと大きくなると、人々はさらに横や奥へ、上や下へとほら穴を延ばした。こうして穴は中で次第に複雑な構造を持つようになっていった。やがて一帯の樹木が減り、渓流の水位が下がっていくと、人々は雨水や地下水をためておく部屋をつくり、そこへ効率よく水を集めるための導管を整備していった。マテーラの外でいかなる変化がおころうが、人々はかたくなにこの生活スタイルを変えなかった。ほら穴から出た人々によって,あるいは他から移住してきた人々によって、丘の上に都市が築かれるようになっても、多くの人々が洞窟の中にとどまった。

ミラノに来た当初

では、「回文」が示す世界を作った「神」が「ヤハヴェ」ということなのだろうか。さらに、門番が語っていた紀元前一二年ごろに栄えたシリアのドゥラ·エウロポス遺跡からも同じラテン語の二五文字が発見されたことも事実だとわかった。ここはユダヤ人が建てた多くの神殿やシナゴーグが見つかった場所である私は、「回文」について抑えきれない好奇心がどんどん湧き出すのを感じた。アブルッツォ·コード現代のようなグローバルな時代ならわかるが、紀元前の人びとはどのようにしてヨーロッパ各地にこの「回文」を伝承したのだろうか。歴史の栄華の跡というものは、それがほとんど見えなくなっていればいるほど、妙に何かを告示しているような気がするものだ。


ローマ帝国への反逆罪ということで磔刑されるのです
ローマ帝国への反逆罪ということで磔刑されるのです

このルールが

私はそれを勝手に「アブルッツォ·コードと名付けた。イエス·キリスト誕生以前に各国に広まった「われらの父」とは誰なのか。まるで「隠れキリシタン的アイデアである。迫害のようなものから身を守るために、「回文」に願いを込めて密かにまことの「神」を祀り、その神に祈りを捧げていた信者たちがいたのではないかと連想したのである「シークレット·メッそれを信じる者たちが、それを信じない者たちから身を守るためにセージ」として各地に伝承したと考えるのは私だけだろうか。15文」と「雄牛を屠るミトラの像」ポンペイ遺跡の町の中心部には、『旧約聖書』に登場する「ソドムとゴモラ」の名前が木炭で落書きされている。ピサ軍からの11度にわたる挑戦をうけた