投稿日:

ヨーロッパは

料金は高いと言うのが一般的なところです

日本人はすぐビールを頼みたくなるのですが、イタリアではピッツェリアやバール以外でビールを頼むことは余りありません。この質問の真意は「ワインと水はどうするの?」と言うことで、もしお酒が飲めないなら、堂々と水(ミネラル·ウォーター-アックア·ミネラーレ)を頼みましょう。その際にガス入り(ガッサータまたはフリザンテ)か、ガスなし(ナトゥラーレ)なのか、はっきりすることです。ワインについてはよく判らなければ、ハウスワインを頼んでおけば間違いはありません。メインが肉なら赤、魚なら白は基本ですね。

さて、ここで注意する点があります。日本では基本的に前菜から主菜にあたる料理まで、ほぼ同時並行的に出て来るのが特徴ですが、イタリア料理は単線的で、一つの段階が終われば次に進むという具合(余談ですが、イタリア人の仕事のやり方もそうです)。従って、例えば数人のグループで、一人だけ前菜をさっさと食べ終わってしまったり、逆にまだ食べ終わってなかったりすると、基本的には次の料理と進めないので要注意です(お酒を飲む方がワインばかり飲んで、料理に手を付けないとこう言う現象が起こります)。CHIANTICLANSiroORMANNもう一つ注意しなければいけないのは、ワインは基本的に料理に付随するものだということです。主役はあくまで料理なので、料理は手を抜いてワインだけは飛び切り高級と言う飲み方はイタリアでは邪道です。

  • 地中海沿岸のほとんどの世界を征服したこのアウグストゥス統治時代に
  • ラクイラのサンタ·マリア·ディ·コッレマッジョ大聖堂で見たあの悲しい姿と同じ
  • フィレンツェと覇権を争った

ヴェネツィアローマ帝国

フィレンツェのメディチ家はフランスの法王側を応援していた医師からもらった処方箋には三種類の薬がいてあったのだが、薬局のお兄さんは二種類しか薬をくれない「もう一つは?」と聞いたら、これはリポーザだから良く眠りなさいと言うことだと言われてしまった。確かに殴り書きの処方箋を目を凝らして見るとリポーザと読めなくはない。辞書を引いてみたら休息のこと。確かに睡眠は良薬の一つには違いがないのだが医者も知り合いを通じて行くと全然取り扱いが違うのもコネ社会のイタリアらしいところ。家内が妊娠したので、某病院の院長先生から別の病院の先生に紹介され、約束の時間に病院に行ったところ、待合室で待たされもせずに、わざわざこの先生(プロフェッソーレつまり教授である)が迎えに出てきてくれたのにはびっくりした。

そう一筋縄ではゆかないのがそれにしても、紹介をしてくれた院長先生は産婦人科ではイタリアで最高権威の一人だそうだが、自分が院長をしている病院で診察しているのはもちろんとして、別に個人で診療所は持っているし、別の病院でも週に一日は診察しているという超多忙ぶり。このほか医者向けの専門書も書いているとのことで、一体どこからそんな時間が出てくるのだろうか。偉い先生の割には偉ぶったところがないのは、国民性の違いかそれとも医者もサービス業と心得ているせいなのかは良く判らない医療水準といった点では日本とイタリアの差は感じないが、大きな違いを感じたのは診察を受けた際の情報は全て患者に帰属すると言う点である。例えば、家内が受けた超音波検査や血液検査のデタは全て分析結果のコメントと共に渡してくれる。従って、検査を受けた病院以外でもこの資料を見せて医師の診療を受けることが出来る訳である。

ローマ近郊のカラカラ帝浴場や石畳のアッピア街道

一○七五年には教皇位の優位と不可侵、そして世俗権力による一切の聖職任免の禁止を公布する。聖職叙任権闘争の堂々たる宣戦布告である。怒った神聖ローマ皇帝ハインリッヒ四世は独自に宗教会議を開催し、グレゴリウス七世の廃位を一方的に宣亨る。「ローマに、教皇を連れて皇帝がやって来るだろう。なぜならそこにいるのは教皇ではなく、狼だからだ」。

イタリアのサッカーはすっかり馴染み深くなったようだ

ローマ建築を代表するこうした侮辱がなされている間、聖庁長官は怒りのあまり、自らの剣で特使を殺したい衝動に駆られた。もし主がおしとどめていなければ、殺していたかもしれない。(ドニゾーネ、『カノッサのマティルデの生涯』、一二世紀、パオロ·ゴリネッリ編による一九八四年ジャカブック版より、筆者訳)そこで教皇は伝家の宝刀を抜く。皇帝を破門したのである。「破門」は、当時のキリスト教世界では死に等しい。