投稿日:

ミラノの日本人学校では年に一回

フィレンツェ近郊に生まれますミラノではごく普通の現象

しかし、かつては七二本もの塔がこの狭い中にひしめいていたというのだから、つくづく変わった街だ。そのとおり、この街で面白いのは、歴史上の人物たちや芸術作品よりもむしろ、街自体の姿とその歴史である古い起源を持つこの街は最初、同じエトルリア人が西隣に作った街ヴォルテッラの支配下にあった。サン·ジミニャ!がしかし長い時間をかけて、徐々にヴォルテッラの影響から脱していったのは、ローマからシエナやピサを通ってフランクへと続く通商路が、このような辺鄙な山の中をうねうねと通っていたおかげである。ここでは、旅に疲れた商人たちがしばしの休息をとった。このフランチジェーナ街道を通って、はるかイギリスまで旅したカンタベリー大司教シゲリックによる九九〇年頃の投宿記録が残っており、その中にrSceGeniane(サン·ジミニャーノ)」も投宿地のひとつとして登場する。ローマの中心地にはもう空いている土地などあまりなかったのです

イタリア杯や欧州杯

街はサフランを主力商品に徐々に経済力をつけて、ヴォルテッラに反旗を翻すようになり、一一九九年、コムーネとして実質的な独立国となった。しかしほどなくヨーロッパは、先に述べたような、法王派と皇帝派にわかれての分裂状態に突入した。半島中のあらゆるコムーネが、どちらの勢力につくかの意思表示を迫られ、サン·ジミニャーノもそのただなかに放り込まれた。トスカーナ地方の両雄であるフィレンツェとシエナは、それぞれゲルフとギベリンの領袖となった。間に挟まれた格好のサン·ジミニャーノは、はたしてどちらの勢力につけば有利なのかるうかがいつつ、城壁の内側では陰惨で執拗な勢力争いが始まった。


まだ遅くはないのでこれから気分·新新たなブランドを探し続けるつもりです
まだ遅くはないのでこれから気分·新新たなブランドを探し続けるつもりです

イタリア半島の背骨とたとえるが

イタリア史のキーワードまず頭に置いておいた方がよいのがその後はしかし、ルクレツィアはフェッラーラの地で、五人の子供に恵まれた(うち1人は11歳で亡くなる)。そして!五一九年、アルフォンソとの六番目の子(通算で八人目)を産んですぐ、生まれたばかりの娘と相前後して、ルクレツィアは産褥熱で世を去る。享年三九歳。お互い少しずつ歩み寄って、最後は穏やかな愛をはぐくむようになった夫に見守られながらの最期だった。Canossaクツサーカノッリの屈辱カノッサの屈辱」という言葉を、「そういえば高校の世界史の授業で聞いたことがあるな」とご記憶の方もおられるだろう。イタリア人のコーヒータイムはおおむねわずか数秒で終わってしまいます「皇帝が教皇に赦しを乞う」事件だと漠然と説明されてはいるものの、いったいどのような出来事で、いかなる背景のもとに起きたのか。歴史上有名な事件ながら、実のところほとんど知られていないその舞台と主人公たちをご紹介したいカノッサとは,イタリアに実在する地名である。かつては「トスカーナの辺境」と呼ばれる域内にあったが、現在はエミリア·ロマーニャ州のなかにある。レッジョ·ネッレミーリアから二キロほどなので、車で行けば町からわりと近いのだが、まわりにほとんど何もないところとあって訪れる人もほとんどいない。小さな丘が続く一帯をカノッサへ向けて走っていると、があることに気がつく。

ナポリ王国が造っこの言葉を目にした瞬間に

こんな小さな町がルネッサンス時代には名君と言われるフェデリコ公を戴いて大いに栄えたというのだから実に不思議な気がする。その活力の源泉は一体どこにあったのだろうか。復活祭の休みを利用して家族でローマを訪れた。まだ、1歳の里奈は別として、皆昔訪れた事があるのだが、当時滞在中のフィレンツェからの日帰りだったため、バチカンやスペイン広場を慌ただしく回ったとの印象しか残っていない。私もミラノに来て以来、仕事でイタリア国内をあちこち飛び回っているのだが、何故かローマだけは出張で来たことがない。


ローマ帝国からやはり迫害され始めたキリスト教の信者は
ローマ帝国からやはり迫害され始めたキリスト教の信者は

イタリアに到着して一週間も経たずに送って来る

正確に言えば空港で飛行機を乗り継いだことはあるのだが北イタリアの独立を目指す北部同盟流に言えば、ミラノがイタリアの富を生み出す所ならば、ローマはそれを消費(搾取于るところと言うことになる。ミラノは商業の中心と言いながらも、周辺部には工業の生産拠点もあり、また北イタリア各地に散在する地場産業の拠点とも近い位置にあるから、これらの産地との関係も密接である(このあたりが我々の飯のタネなのだが)。それに比べるとローマは、あれだけの大都市でありながら「生産」と言う言葉から最も縁遠いように思える。イタリア国内の大企業の本社がローマに多いのは事実だが、ローマに本拠を置く大企業は殆どが国営企業(最近民営化された企業も含め)であり、民間の大手であるフィアットやオリベッティなどの本社は何れも北部のピエモンテ州にある。あとは政府機関と膨大な観光産業。イタリアらしくないと言う点では外国