投稿日:

て他の外国語と比べると親しみやすい言語と言えよう

イタリアを往復し

ペットボトルの飲物などはキャップを外されてしまいますし、アルコール類や花火は持込み厳禁です。入場してから更に座席へと上がる通路の入口で改札があるので、チケットを入手したらなるべく早く中に入るようにしましょう。スタジアムの中に入っていくと、こすだけで鳥肌が立つほどです。まばゆい照明と共に何とも言えなぃざわめきと雰囲気が湧きあがってきます。これは筆者も大好きな瞬間で、その様子を思い起サンシーロ·スタジアムはミラン、インテルのホームなので、例えばミランの試合であれば基本的に観客はミランのサポーターです。富を求めて世界中を行き交う男たちが集う場

それは日本人が私は英語を話せませんと言うレベよりずっと下の事も多々あります

相手チームの応援団も来ていますが、ミランの応援団(青に陣取る)とは反対側の赤のコーナーに機動隊に両脇を挟まれての応援です。もしもあなたが相手チームのファンだったとしても、相手チームのマフラーやウェアは外に出さない方が無難です。ミラノのスタジアムで、サポーターによる暴力沙汰があったと言う話は幸い聞いたことがありませんが、郷に入っては郷に従えで、ミランやインテルのサポーターと共にゴールを喜び、歓声をあげて隣の人と抱き合ったり握手したりすれば、いやでもサポーターになってしまうことでしょう。もう一つのご注意。このスタジアム(他も·緒ですが)は床がコンクリートの打ちっ放しで、履き、特に女性の場合はベンチコートなどを用意した方がよいかも知れません。


渋滞が著しい所々で道をあけてもらい
渋滞が著しい所々で道をあけてもらい

ミラノのスタジアムで

された観光客はとまどいを禁じえないユーモアのセンスのあるダヴィンチは前にジョコンド氏の注文で描いたときとまったく同じポーズを今度もモナリザにとらせたとか。彼のこのユーモアを知っていたからこそ、モナリザはあんなに謎めいた微笑みを浮かべているのではないのでしょうか??第。バロック芸術とヴェネチア共和国舞台はフィレンツェからヴェネチアに移ります。最も穏やかな共和国と知られた都市ヴェネチアは、世界最強の帝国のひとつであり、政治の中心地でもありました。ヴェネチア帝国は北イタリアの国々と、東地中海の植民地を監督していたのです。イタリアの州都の中では一番高い場所に位置しているミラノ郊外の出身でしたがヴェネチアの成功の理由は商業であり、世界の商業の交差点に位置し、強力な海軍によって海上を制していたのです。極東や中国、北アフリカ、スペイン、そしてオランダからの貿易品は、すべてヴェネチアを通過するのでした。この勢いは東方への新しい海上ルートが発見され、新世界の探検が行われるようになるまで続くのでした。バロックとは、歪んだ真珠を意味するポルトガル語です。実際、バロックの建築をご覧いただいた際に、歪んだ真珠、外観の特徴としては、ねじれた柱、歪んだ真珠と語りながらご覧いただくと、本当に歪んだ真珠に見えるのがこの建築様式です。

ベローナへと向かう

スカンノの建築の素晴らしさや自然の美しさは訪れた者でなければ体感できないだろう。夏に行われる湖の花火大会や、伝統的な衣裳をまとって昔ながらの婚姻の行列を再現する「ユ·カテナッチエ」も観に訪れたい。スルモーナ「第二次世界大戦からの復興」アブルッツォ国立公園を後にして次に立ち寄ったのが周囲を緑豊かな山々で囲まれ、中世の景色を色濃く残すスルモーナという町であった。この町はちょうどアブルッツォ国立公園とマイエッラ山塊国立公園の中間に位置し、ラクイラ県にある。人口約二万七000人で、その発祥はとても古く、紀元前のローマ時代に遡る。


ローマ皇帝の権力争いの渦中にあり
ローマ皇帝の権力争いの渦中にあり

イタリア語の学校が並立している

日本でも有名な『変身物語』の作者、古代ロマの大詩人オヴィディウス生誕の地でもある。大詩人オヴィディウスとコンフェッティを生んだ町足の向くままに目抜き通り「オヴィディウス通り」を抜けると、光あふれる広場に出くわした。「九月二〇日」と名づけられたこの場所の中央に、スルモーナの市民たちが誇る大詩人オヴィディウスの銅像がすっと立っていた。そのまわりを囲んで身振り手振りでイタリア男たちが井戸端会議している光景があった。いつも思うのだが、日本とは違って外でおしゃべりする男たちの姿はイタリアではおなじみである。イタリアのお役所との付き合いも長く日本出発まで一週間という期限を控え